氷河期を生き抜いた猫!?

ユキヒョウとは、その名の通り中央アジアなどの高い山に住み
寒さや雪にとても強いネコ科の動物です。

"ヒョウ"という名前がついていますが
ヒョウとは別の動物になるそうです。

しかしアジアが氷河期に包まれた時、
南下せずに留まり進化したヒョウがユキヒョウだとも言われています。
ユキヒョウの足裏には
雪の上でも困らないように毛が生えています。

この肉球は猫好きとしては魅力的ですね~
一度でいいからふにふにしたい…(笑)
ユキヒョウの鼻はネコ科にしては大きく、
冷たい空気を取り込んで温かくしてから肺に送り込む
寒い土地ならではの構造になっているそうです。

このアングルやばいです!美しい!!

なぜ幻?その悲しい真実

ユキヒョウは本来群れで行動するわけではなく
それぞれ、バラバラに生活している事から
見つけずらく最近までほとんどメディアに登場しませんでした。

その上、その美しい毛皮を求めて乱獲された事から
一時は絶滅寸前まで追い込まれてしまったようです。
今では絶滅危惧種に指定されてしまいました。

このような真実が"幻"と呼ばれる理由の一つです。
そしてもう一つ
幻になるぐらいシャイな姿から
『灰色ゴースト』『ゴースト・キャット』
などの呼び方もされているそうです。

乱獲され毛皮や漢方薬に利用されてたなんて
本当に悲しい真実だと私は思いました。

ユキヒョウに会える場所

こんなに美しくて可愛いユキヒョウを
一度はこの目で拝みたい!そう思いませんか?

そんな方に朗報です♪

日本の動物園でも
この素晴らしいユキヒョウが見られるそうなので
その中のいくつかの動物園を紹介します♪
こちらはメスのリーベちゃんです。
この眼差しには一発で落とされちゃいますね(笑)
多摩動物公園で今年行われた
猫科・人気投票の結果はユキヒョウがダントツのトップだったようです♪
熊本市動植物園にいる
ユキヒョウのスピカちゃんです。

バックの富士山と何気にマッチしてる…(笑)
いかがだったでしょうか?

今回紹介した動物園以外にもまだまだ見られる場所はあるので
気になった方は是非!近場の動物園でこの美しさに触れてみてくださいね♪

そしてこのような施設や保護する環境が増え
ユキヒョウ達に明るい未来が来ることを願っています。