佐々木酒造とは

佐々木酒造
創業は明治26年(1893)。現在4代目となる佐々木蔵之介さんの弟・佐々木晃さんが家業を継いでいます。

現在佐々木酒造が建つ場所が、むかし豊臣秀吉が自分の家として建てた聚楽第のあった南端にあり、秀吉がこの場所に聚楽第を建てた理由の一つとして「水の良さ」があったそうです。この水の良い場所で美味しいお酒が作られるという訳です。

こんなトラックのCMもありました♪

もちろん銘柄も「聚楽第」
こちらもおすすめ「古都」
川端康成が好きだったお酒だとか。

佐々木酒造の公式サイトのごあいさつ

ネットで面白いと話題になったごあいさつがこちら!

『私は男3人兄弟の末っ子で、まさか酒屋を継ぐことになるとは思っておりませんでした。
上の兄は「飲んで無くなってしまうものを造るのはいやだ」と言って建築の道に進んでしまい、二番目の兄が跡を継ぐべくして、神戸大学の農学部に行ってバイオテクノロジーの研究や酒米の研究っていうテーマで卒論書いたりして、着々と酒造家の道を歩んでいたのですが、突然「俳優になる」と言って出ていってしまいました。
 
いつも自己紹介のところで佐々木酒造です、と言ってもあまり皆さんご存じない感じなのですが、最近は俳優の佐々木蔵之介の弟です、というと結構知ってくださる方があって、うれしいような複雑な気分です。
まあ、そんなことで、大学では中国文学科だった私が嫌々酒屋を継ぐことになったわけです。』


この二番目の兄というのが佐々木蔵之介なんですね~♪

弟の佐々木晃さん

お店の中には蔵之助さんのポスターが!!

従業員18人(ネコを含む)の謎

昔ながらの酒蔵では、ネズミ除けに猫を飼っている所も少なからずありますが、従業員欄に載せちゃう佐々木酒造は面白い♪

蔵之介さんの弟さんの佐々木酒造4代目の佐々木晃さんが言うには、野良ねこの出産をきっかけに、ちび子(8歳・メス・日本ねこ)を夫婦で飼いはじめ、翌年にあーちゃん(7歳・オス・日本ねこ)&ちーちゃん(7歳・オス・日本ねこ)がやってきたそうで、現在従業員猫は4匹のようです。

従業員猫ちゃん

パトロール中のあーちゃん

どうやらあーちゃんが広報担当のようですね♪

探してもあーちゃんしか出てきませんね~。他の子は恥ずかしがり屋で、仕事熱心なんでしょうか♪
あーちゃんは外回り専門なのかにゃ?!

佐々木酒造 詳細

名称:佐々木酒造株式会社
住所:京都市上京区日暮通椹木町下ル北伊勢屋町727
電話:075-841-8106(代)
営業時間:9:00~17:00
定休日:土・日・祝日

日本酒だけではなく、梅酒や酒粕、甘酒などもあります。お酒が苦手でも、京都に行った際には、佐々木酒造さんへ立ち寄ってみてはいかがですか。猫ちゃんに会えちゃうかもしれないですよ!!