ペット同行避難

東日本大震災以降、ペットは同行して避難することが原則であり、ペットとの同行避難は環境省のガイドラインでも推奨しています。遠慮しないで、準備だけはしっかりして堂々と連れて行って避難して良いのです。ペットを見殺しにしないこと!これが、これからの常識です。

ただし、同行避難とは、災害発生時に飼い主が飼育しているペットを同行し、避難所まで安全に避難することです。決して避難所において人とペットが同一の空間で居住できることを意味するものではありません。
もしかしたら別々の場所に避難を強いられるかもしれません。それはしょうがないことで、それぞれの避難所のルールに従うことが大事です。

避難時にはできることなら、ペット同行している人専用の部屋があるのが一番良いはず。それを作ってくれるように、飼い主さんたちが全員で協力して交渉するのも良いかもしれません。

それでも状況によっては許可されない場合もあります。同行できない場合は、近所で安全そうな場所を貸して頂き、ペットの簡易避難所を作らせてもらうなど、飼い主さん同士協力して、自主的に考えて行動することも大切です。
ペットの命を守れるのは飼い主さんだけ!!

災害避難時における飼育管理

一緒に避難しても良いからと言って、他の避難者への迷惑にならないように努めることが大事です。そのために災害避難時における飼育管理を日ごろから徹底しておくことも大事です。

環境省が同行避難を推奨していても、各自治体の対応にはバラつきがありますので、今住んでいる地域の自治体に前もって確認しておくことも大切です。
ペットは家族の一員!

避難所では

様々な人が共同生活を送る避難所においてペットを飼育する場合は、動物が苦手な人、アレルギーを持っている人等への特別の配慮が必要です。避難所におけるペットの存在が、人々にとってストレスやトラブルの原因となるかどうかは、飼い主さん自身の意識と、日ごろからの備えに左右されます。

また、普段の環境とは全く異なる避難生活は、ペットにとっても大きなストレスとなる可能性がありますが、ペットの避難に必要な用具等を準備しておくことや、普段からしつけや健康管理をしておくことで、そのストレスを軽減させることはできます。
避難所は人間優先のスペースだということを忘れないで!!

普段の暮らしの中で準備しておくこと

避難指示等が出た場合、安全に避難場所まで避難できるように、リードやキャリーバック等の避難用品を準備しておく必要があります。

また、ペットの避難に必要なものの備蓄を行い、避難が必要な場合は、人の避難用品と一緒に持ち出せるようにしておく事が大事です。ペット用の避難持出防災保管袋にはペットの個体情報をつけておくのも忘れないようにしましょう。
人間用の非常持出袋と一緒に保管しましょう!

「身元表示」迷子札やマイクロチップ

突然の災害に驚いて逃げ出す可能性があるペットたち。特に猫はガラスが割れた窓から簡単に飛び出せてしまいます。
はぐれてしまったペットが飼い主の元に戻れるよう必ずつけておきたいアイテムが、迷子札やマイクロチップです。
様々な迷子札がネットでは購入できます。
名前と電話番号等が刻印できるのでおすすめです。
小さなものなら嫌がらないでつけてくれます
マイクロチップは米粒大のチップを体内に埋め込みID番号で管理します。
機械をあてることで個体識別ができ、迷子になっても飼い主さんの元に戻れることもあります。

海外にペットを持ちだす時はこのマイクロチップがないと入国できないことが多いそうです。

健康管理とワクチン接種

同行避難した先にはたくさんのペットが集まり、ストレスから体調を崩すこともあります。感染症の蔓延を防ぎ、ペットの健康を守るためにも日ごろからの健康管理が重要です。

室内飼育が主体の普段の生活では、感染ペットと接触する機会は少なくても、不特定多数のペットが集まる避難所や救護センターではそうもいきません。もしもの時に備えて、ワクチンは必ず摂取しておくことが必要です。
室内飼いの猫ちゃんでも
年に1回のワクチン接種は必要!

キャリーバッグになれさせる

避難所に行く際にも、避難所に着いてからでも必需品のキャリーバック。猫ちゃんの恐怖心も少しは緩和されるので必ず準備したいです。

普段から家の中にキャリーバッグを置いておき、その中でおやつをあげたり、眠ったり、居心地のいい安心な場所であると認識させると、ストレスをあまりかけずにキャリーバッグで過ごせるようになります。

避難所に行ったら毛布などをかけてあげて隠すことで、恐怖もやわらぐはずです。
両手が自由に使えるリュックタイプは便利!
普段から家の中に置いておくと慣れてくれます
ケージ内蔵型の防災キャリーバッグというのものも登場しています
視界や雨を遮るためのシートが付属
手提げ、斜め掛け、リュック、前抱きの4WAYで使用が可能
様々なタイプのキャリーバッグがあるのでたくさん見て選びましょう

リードに慣れさせる

猫が勝手に歩き回ることができない生活では必需品となります。
リードを嫌がる猫ちゃんが多いと思いますが、時々リードをつけて慣れることも必要です。
洋服タイプのハーネスは可愛い種類がたくさんあります
4.25.1
普段から慣らしておくことが大事。

リードに慣れるとお散歩も楽しくなります

洗濯ネットが役に立つ

洗濯ネットに入れるとそんなに閉塞感がないわりに猫は身動きがとれないので逃げ出すことができません。洗濯ネットにいれると不思議と落ち着き、とりあえず走り去らなくなります。

中でも動きがとれるように大きめの洗濯ネットがおすすめです。
6.10.5
すばしっこい猫ちゃんには洗濯ネットでつかまえて~!
以前、水害の際にも洗濯ネットで救出された猫ちゃんが写っていました

ペット避難袋の準備

ペット専用避難袋を玄関などすぐに持って出られるところに保管しておきましょう。最低でも5日分できれば7日分が目安。

・ケージ、キャリーケース
・首輪&リード
・食器
・フード
・水
・排泄袋、猫砂、トイレシート
・トイレトレイ
・写真(飼い主と一緒に写っているもの)
・普段お気に入りの物もあればそれも
折りたためるお出かけ用猫トイレ

猫砂やスコップ、トイレシートなどを入れておきましょう
水はミネラル分が多いと尿路結石になるおそれもあるので、硬水ではなく軟水を用意します
5.15.1
いつも食べている餌をいつでももって出られるようにストックしておきましょう
7.21.5
普段からお気に入りの物もあれば安心します
タオルや毛布などもあると体を拭いたり寒さをしのげたりできます

備えが大事!

こんな本も出ています

飼い主の不安な気持ちはそのままペットに伝わるもの。いつ災害が起こっても落ち着いて迅速に行動できるよう、普段からの心構えと備えをしっかりとしておきましょう。

今日から愛猫のための防災対策始めませんか。

4.8.3
大切な愛猫を守れるのは飼い主さんだけです。
それだけは忘れないで♡