ネコリパブリックとは?

日本の猫の殺処分をゼロに!

コンセプトは猫と猫好き人間の共和国♪
「ネコリパブリック」は仲眞麻花さんという女性が2014年に立ち上げた保護猫カフェ。ともすればブームに乗った営利目的のカフェや、ボランティアなど善意に依存し立ちゆかなくなるカフェも多い中、猫、利用者、スタッフ皆が幸せになるようにサイクルを回し、「猫カフェ」を持続的なビジネスとしてとらえた今話題の猫カフェです。

そのコンセプトは「自走型保護猫カフェ」。2022年2月22日までに、日本の猫の殺処分をゼロにすることを目標にされています!

ネコリパブリックの主な活動

岐阜店の外観
オシャレですね♪
「ネコ市ネコ座」神戸の様子
すごい行列ですね
とにかくすごいのが仲眞さんをはじめとしたスタッフの行動力!2014年に岐阜に1号店をオープンしたら、半年後には大阪店、一年後には東京にもお店を開店しました。精力的に里親募集に取り組んだところ、一時は猫カフェなのに猫がほとんどいないこともあったとか。

また「ネコ市ネコ座」という「猫のための」猫祭りも定期的に開催されていて、2016年の3月にフェリシモ猫部と協力して神戸で開催された時は、多くの猫メディアにも取り上げられていました。一つの猫カフェがあれだけ大きなイベントを主催するというのは大変なことだと思いますが、それだけ今の猫をとりまく社会の現状をどうにかしたいという思いが強いのでしょうね。

ネコリパブリックの全国展開を目標にされていますが、この行動力なら実現できると思います!

「ネコビル」プロジェクト

目標金額は一千万円!

プロジェクト概要を見ているとワクワクします♪
そんなネコリパブリックが大阪店の移転にともない計画しているのが、大阪心斎橋に「ネコビル」を建設すること。猫にとって第一の快適さを追求しながら、猫好きも満足し、猫に興味が無い人にも入りやすく保護活動も知ってもらえる、保護猫施設の理想とも言える姿が実現しかかっています。

プロジェクトはクラウドファンディングサイト「kibidango」で資金を募集中。目標金額は1,000万円で「にゃんにゃんにゃんにゃん」の2,222円から申込できます!

ネコビルの概要

1階:猫カフェバー SOMETHINʼ NEW YORK
猫を眺めながらドリンクやお酒が楽しめます♪
2階:ネコ市ネコ座
常設でネコ市ネコ座の展示作品が購入できます
3階:保護猫カフェ ネコリパブリック
猫にとっても人にとっても夢の様な空間♪
4階:CAT&BED&BOOK
猫とお昼寝しながら本も読めるレストスペース
シャワーもついています♪
5階:ネコシェアオフィス・ネコワーキングスペース
屋上:交流の広場・パーティースペース
1,800万円を達成したら更に素敵な空間ができそうです

出資に応じた特典もあります♪

2,222円から222,222円まで出資に応じて様々な特典も用意されています。
2,222円 / 猫映画パロディーポストカード10枚セット(税込・送料込) + ネコリパの餌 1日分
猫絵師の目羅健嗣さんの大人気猫映画ポストカードがもらえます!
12,122円 / 猫からの配給B NECO COFFEE&肉球パイ&猫の手クッキー&猫水10本セット(税込・送料込) + ネコリパの餌 10日分
猫も人も飲める「猫水」はおススメ♪
⑫ 222,222円 / ネコビル心斎橋 平日まるっと貸切りプラン(税込・送料込)
複数で出資しあって貸し切るのも面白いし、結婚式に使用することもできるかも♪

こういう形の保護活動もオススメですよ♪

ネコリパブリックの取り組みは、今の動物愛護の一歩先を行く活動ではないでしょうか?このような活動が社会に浸透していけば、殺処分の問題も解決していくと思います。不幸な猫を少しでも減らすために、ネコリパブリックの「ネコビル」プロジェクト、ちょっと応援してみませんか♪