ストーリー

プロボクサーのミツオのもとに兄が拾った子猫が2匹やってきました。この猫たちは餌が気に入らなければ無視するし、大事なボクシンググローブは猫キックの練習台にするしで、とてもやんちゃ。猫より犬派のミツオは猫たちに振り回されっぱなし・・・。
でも、ボクシングに人生を捧げる不器用な男が、猫たちとの暮らしを通して次第に自分自身を見つめなおすようになっていきます。

楽しい時も切ない時もいつも一緒の一人の男と2匹の猫のかけがえのない生活に、ついつい涙を流して観てしまうそんな映画です。
2016年1月30日(土)公開です

キャスト

風間俊介さん(ミツオ)、つるの剛士さん(兄貴)、松岡茉優さん(ウメさん)、市川実和子さん(大家さん)

主人公の2匹の猫には子猫時代役と大人猫役の2組が出演しています。
その他にもたくさんの猫が素敵な演技見せてくれています。
風間俊介さん(ミツオ)

意外なことにジャニーズなんです!
生田斗真君と同じような俳優組に属しています。
嵐の相葉君とは大の仲良し。
地味めなビジュアルと優しい雰囲気が役者としては、とても評判が良いようです。
つるの剛士さん(兄貴)

一男三女のお父さんでプライベートでも猫2匹を飼っています。
なので猫の扱いはまかせて!という感じでしょうか。

原作は漫画「猫なんかよんでもこない」

"大人が泣ける猫漫画家"としても有名な元プロボクサーの杉作さんの描いた漫画「ねこなんかよんでもこない」が原作になっています。
元ボクサーの方が描いたなんて思えない可愛い猫漫画です
原作の漫画も読んでみたくなります
猫なんか大嫌いだったが、ボクシングの夢が断たれたあと、
オレを頼ってくれたのは、このちっぽけな猫だけだった……。

この続きは映画で・・・♪

見どころは

監督曰く「まさにタイトル通りの撮影現場『猫なんてよんでもこなかった!』」。思い通りになってくれない猫たちとの撮影はやはり大変だったようです。

チンとクロの演技にニヤニヤが止まらないくらい、本当に可愛くて微笑ましくて素敵な映画です。
上映中ずーっと出ている猫たちからは目が離せません!

チンとクロの演技から目が離せなくなります
段ボール箱の中で待機中♪
この真剣なまなざし!お見事です♪

涙も・・・

クロとの別れのシーンにはやはり涙。涙。涙。

ミツオが弱虫のクロに強くなってほしいと思う中、その地域でボスにまで君臨するクロ。でも数々の喧嘩でできた怪我が元で病気にかかってしまい亡くなるクロ。
悲しみの中のお別れのシーンには胸が締め付けられるほど・・・。気がつくと涙がボロボロ・・・。

映画館にはハンカチを忘れずに・・・・。

映画のメイキングムービーが可愛いんです

メイキングムービーは16本あるようです。公式サイトを確認してください。

どれもみんな可愛くて 早く本編観たくなりますね!

映画の公式サイトはこちら

1月30日公開! お見逃しなく♪