猫の柄の不思議

猫の被毛の柄は千差万別です。

主に遺伝子によって決定されるようですが、
ベースカラー、トータルシェル、タビー、カラーポイント、ホワイトスポット、
ティッピング、長さ、毛質などの要素が複雑にからみあって、その組み合わせは
膨大だそうです。
 ベースカラーとは、猫の被毛全体に渡って満遍(まんべん)なく現れる基底色のことです。両親から受け継ぐカラー遺伝子の組み合わせにより、いろいろな系統に分類されます。

出典:www.konekono-heya.com

 トータスシェル(トーティ)とは赤系統の被毛が体全体に散らばったように配色されている模様のことです。亀の甲羅(tortoiseshell)に似ていることからこう呼ばれ、日本では「サビネコ」などともいわれます。

出典:www.konekono-heya.com

タビーとは、被毛に様々な有色の模様が入った状態のことです。濃い部分と薄い部分に分かれ、薄い部分の被毛は、一本の毛が複数の色を持つ「アグーティ」(agouti)という状態になっています。これはちょうど、横断歩道を毛のサイズまで小さくしたような感じと言えばわかりやすいでしょう。毛の先端から「濃い色→薄い色→濃い色・・」という順番で色が付き、薄い色は通常、右の図で示したように1本の毛の中に2回以上現れます。薄い「アグーティ」と濃い縞模様からならタビーは、その現れ方により以下のように分類されます。

出典:www.konekono-heya.com

 カラーポイントとは、耳、顔面、四肢の先端、しっぽの被毛色だけが濃い状態のことです。ベースカラーから特定部分の色がアルビノ遺伝子の影響によって脱色することでこのようなパターンが現れます。体の末端部分だけ脱色が抑制されるのは、体温が下がりやすく、その分アルビノ遺伝子も不活発になるためだと考えられています。一般的に、子猫の時はホワイトですが、成長するにしたがってポイントカラーが現れます。

出典:www.konekono-heya.com


雄の三毛猫があまりいなかったり、茶トラの雌が少なかったり、
柄の謎はいろいろありますが、これだけたくさんの要素が重なって
猫ちゃん達の柄は決まるんですね!

それではさっそく、めずらしい柄の猫ちゃん達をご紹介します!

猫を背負った猫

こちらは有名な猫ちゃんです。
同じポーズ?
猫というよりナマケモノ?

顔の柄が独特な猫

アゴにハートが♪
いつでも困っています。
パンダさん。
ちょっと可愛そうな気が。。
麻呂眉毛。
お口がもうひとつあります。
性格の良さが伝わりにくい。

ミラクル模様の猫

両手を揃えるとハートになります♪
幸せになれそう♪
前身タイツ君。
間違いなく黒猫と茶トラが両親ですね。
威厳があります。
ドラえもん?
いまこういう前髪流行ってます。
しっぽだけ!!
おかっぱ頭で水玉模様。
いかがでしたか?

人間から見ると笑ってしまう模様の猫ちゃんもいますが、
猫ちゃん本人はまったく関係ない!という感じが、また
おもしろいんですよね。

猫ちゃんに関する謎や不思議はまだまだたくさんありそうです!