原因が異なる2つの理由

猫ちゃんがトイレ以外でおしっこをしてしまうのは、
猫を飼っている人にとってはとても大きな問題です。
とくに、布団に粗相されてしまうと困りますよね。

まずは猫ちゃんの粗相が、

「不適切な場所での排泄」なのか「尿スプレー」

なのかを見極めましょう。
根本的な原因が異なるそうです。

尿スプレーとは?

雄猫が本能的にマーキングとしてしてしまうのが、尿スプレーです。
未去勢の雄猫だけではなく、去勢した雄猫も尿スプレーをする事があるそうです。
また、マーキングだけではなく、不安な時にも自分の臭いをつけるためにスプレー
行動をする事があります。

窓際から外にいる猫に向かって、自分の縄張りを示すために
スプレー行動をする事もあり、ベッドが窓の近くにある場合などは
布団に尿がしみこんでしまいます。
また、特定の人の布団などにスプレー行動をする場合は、
その人の事を好ましく思っていない場合もあるようです。
立ったままの姿勢で地面と水平に尿を飛ばしている時は尿スプレーです。実際に排尿姿勢をみていなくても、尿が付いている場所が猫10+ 件の鼻ほどの高さであれば尿スプレーと判断して良いでしょう。ただしこれは典型的な例なので、低い位置に尿がしてあっても尿スプレーの可能性もあります。

出典:news.mynavi.jp

飼い主さんの枕や脱いだ後の衣類、お気に入りの椅子など、特定の物が排尿場所になっていれば、尿スプレーによるマーキングを示唆します。また、未去勢の雄猫だけでなく雌猫や去勢した雄猫も尿スプレーをしますので注意が必要です。

出典:news.mynavi.jp

尿スプレーは縄張と不安にもとづく行動です。室内飼いの猫の場合、自分に向けられる関心が減った、叱られた、家族の中で好いていた人がいなくなった、生活習慣が変わった、過密飼育、他の猫の存在(新しく飼われた猫、仲の悪い同居猫、野外をうろつく野良猫)などで不安が募ると臭いつけのためスプレー行動をします。

出典:news.mynavi.jp

尿スプレーの対策

尿スプレーの対策としては、

・去勢手術をしていない猫は去勢手術をする。
・猫の不安要素を探り、なるべく不安をなくす。
・特定の場所でスプレー行動をする場合はその部屋に入れないようにする。
・特定の人が対象になっている場合は、その人にご飯をあげてもらう。
・過剰にストレスを感じているようであれば、動物病院に相談する。

などがあります。まずは猫をじっくりと観察して問題を見つけ、
改善するようにしてみましょう。

トイレ以外の場所での粗相

上記のスプレー行動以外に、雄・雌関係なくトイレ以外の場所で
おしっこをしてしまうのは、猫ちゃんが今のトイレ環境に不満があるからです。
トイレのすぐ横にしている場合や、布団やクッション、毛布など
吸水性の良いフカフカの場所は、トイレに不満がある猫ちゃんが
粗相をしやすい場所です。

布団や毛布などの上におしっこをした後に、砂と同じように
掘って隠そうとしている事が多いので、猫にとっては
トイレ砂より隠しやすく快適だと思っているのかもしれません。

また、飼い主さんに構ってもらえない時など、ストレスによって
粗相をする場合もあるので、忙しくてもなるべく遊んであげると良いと思います。
トイレ以外で排泄しているということは、猫にとっての居心地が「尿をした場所>トイレ」になっているということです。トイレの居心地をアップさせ、排泄されてしまった場所の居心地をダウンさせることが目標になります。また、関節炎や膀胱炎などの病気が関係していることもあります。

出典:news.mynavi.jp

猫のトイレを見直す

猫が布団におしっこをしてしまったら、まずは現在のトイレ環境を
見直してみましょう。

・トイレの掃除をマメにしてみる。
・人が通らない静かな場所に移動してみる。
・大きめのトイレに変えてみる。
・猫砂を変えてみる。
・猫が嫌がる臭いがしないかチェックする。
・トイレの数を増やしてみる。

とくに猫砂は猫ちゃんによって好みがあるようです。
また、猫がトイレ中に雷や地震など嫌な思いをした場合も、
トイレは嫌な場所、と認識してしまい粗相する事があります。
思い当たる場合はいったんリセットするためにも
トイレの場所を変えてみると良いかもしれません。

猫が粗相をしないための対処法

猫ちゃんが粗相した後に怒っても、猫ちゃんには理解出来ず、
飼い主さんとの関係性が悪くなってしまう場合があります。

猫が粗相したら怒らず、まずは上記のようにトイレ環境を見直し、
粗相した場所に猫が嫌がるものを置いたり、
柑橘系など猫が嫌いな匂いをつけたりする工夫をしてみましょう。

猫のトイレがベッドの近くにある場合は、日中は布団をしまっておいたり、
枕元にまとめておくだけでも効果はあると思います。
また、猫がおしっこをしてしまった布団は少しでも臭いが残っていると、
同じ場所に粗相をしてしまうので、熱湯でお湯をかけてからもみ洗いし、
その後に洗濯機で洗い、完全に臭いがなくなるようにしましょう。
羽毛布団はあきらめて、洗える布団にした方が飼い主さんのストレスが
少ないかもしれません。

また、布団カバーをビニール製のものにしたり、ベッドがある部屋に
猫を入れないなど、人間が工夫する事で猫の粗相をなくしていきましょう。

まとめ

猫ちゃんが布団に粗相してしまうのには、いろいろな理由があるようです。
まずはその理由を見つける事からはじめてみましょう。

今までずっと家にいて遊んであげていたのに、急に忙しくなって
かまってあげられなくなったり、引っ越しで環境が変わったり、
トイレが気に入らなかったり、人間にとっては小さな事でも
猫ちゃんにとっては大きなストレスになっている事があります。

また、老猫ちゃんが粗相する場合は病気の可能性もあるので、
動物病院に相談してみた方が良いかもしれません。