招き猫の歴史って?

 
昔からお店などでよく飾られている招き猫ですが、
最近ではアクセサリーから日用品にまで招き猫デザインの物が沢山有り、
とても身近になってきています。

しかしその歴史について知る機会はなかなかないですよね?

招き猫が日本で作られ始めたのは
焼き物が盛んになってきた江戸時代だそうです。
 

こちらが現在確認されている中で
最も古い素焼きの招き猫だそうです。

現在の招き猫のような光沢さはなかったんですね!

素焼きの招き猫もまた、味がありますね♪

招き猫には色々な伝説が!?

 
招き猫を調べていると、その存在には
色々な伝説があるという事がわかりました。

そのいくつかを紹介していきます。
 
まず最初に紹介するのは
招き猫では有名な東京の豪徳寺さんのお話しです。
 
鷹狩をしていた武将、井伊直孝がとあるお寺の前で
手招きをしている白猫に出会いました。

そこでそのお寺を訪ねる事にした井伊直孝ですが
休んでいるとすぐに空が荒れ、外はたちまち激しい雷雨に…。

白猫の手招きと
素晴らしい和尚の説法と
美味しいお茶で雷雨を免れた井伊直孝は
後日、多額の資金をお寺に寄付し豪徳寺は栄えたそうです。

そしてあの白猫が亡くなった時にはお墓を建て、
あの手招き姿を招福猫児(まねぎねこ)として称えたそうです。
 
彦根市キャラクター
ひこにゃんもこの伝説から
生まれたキャラクターです♪
 
次に紹介する伝説は
檀王法林寺さんのお話しです。

こちらでは黒猫が
神様と繋がっているというお話のようです。
 
こちらで祭られている主夜神という神様は
死を守る神様だそうで、闇夜に眼を光らせる黒猫が
古くから御使いであるとされたそうです。
江戸の中頃より、主夜神尊の銘を刻んだ招福猫が作られ、民衆に受け入れられていたことが伝わっております。

不思議な神通力のあるこの像は、右手を挙げ、黒色をまとった珍しい様相で、この「右手招き猫」は他が模作することを禁じられるほど、固有の信仰をあつめていた。

出典:www.dannoh.com

猫との関係についてこのようなお話があります。

猫は古来より船人たちから、暴風を察知する力があり、龍神に猫を捧げると風が治まるという不思議な力が あると信じられてきました。そのため航海に出る際、船には猫を必ず乗り込ませていたそうです。また猫は他にも、鼠の被害から守ったり、愛玩動物として可愛 がられたりと船の上では大いに役立ったとされています。

袋中上人は危険を冒して長い航海の旅にでました。上人が御乗りになりました船にも猫が同船していたことでしょう。その長旅の中、主夜神を唱え海中の安全を祈る袋中上人と猫の間に何か出会いがあったのかもしれません

出典:www.dannoh.com

 
このような伝説を知れば知る程
猫のその不思議な魅力に引き込まれますね。

招き猫の特徴も様々

 
招き猫と言えば
やはり器用に招くその手ですよね!

この手には実は色々と
細かい意味があるようです。
 
よく知られているのは
右手はお金・左手は人を招くという事ですよね。

しかしそれ以外にも
招く手の高さも大事なんだとか!
高ければ高いほど遠くの福を招くという意味があるそうです。

両手で招く猫も近年ではよく目にしますが
これは元々は存在しない物で、「お手上げ!」
そんな意味に繋がってしまうので、商売の世界では嫌がられるとか!?
 
次に紹介する意味は
猫自体の体の色についてです。

白やら黒やらピンクやら!
とてもカラフルな招き猫がありますね!
 
最初に紹介したように
最古の招き猫は素焼きで色はつけられていません。

その後も招き猫の色は
基本的には三毛猫です。

これは三毛猫の雄の生まれる確率が低い事から
希少で幸運を招くとされていたからだそうです。

近年のカラフルな招き猫は風水にも繋がっているようで
色のそれぞれの意味と起き場所は…
白色・福を招く。基本的な色。悪鬼、雑鬼、悪霊退散。東北に置くと良い。
黒色・魔除け。右手招きが金難、左手招きが人難から守る。猫が魔除けになるのは夜でも目が見えるから。
赤色・病気除け。子供を病気から守ります。結婚、家庭運向上。南西に置くと良い。
金色・当然金運を招く。西に置くと良い。
桃色・愛情。人間関係がうまく行きます。
黄色・縁結び。良縁を招く。
緑色・合格。受験にはこの色。
青色・学業や才能を伸ばす。病気も回復。北に置く。
紫色・全体運向上。中央に置くと良い。

出典:www.komkom.net

 
上記以外にも金目銀目の
オッドアイの招き猫は縁起が良いとされていたようです。

実際のオッドアイと同じように
招き猫も青と黄色で作られる事が多いそうですよ♪

さぁ!招き猫に会いに行こう!

 
招き猫について
興味を持っていただけたら
次は実際に色々な招き猫に会いに行ってみませんか!?

実は各地で招き猫の博物館が
予想以上に存在しているんです!
 
こちらは
岡山にある招き猫美術館です。

明治時代の招き猫からオリジナル招き猫まで常設700点
(和紙・木・やきもの・石・土・ブリキ・他)
 
こちらは
名古屋にある招き猫ミュージアムです。

招き猫の型に絵付けができる
「染付体験コーナー」もあります。
 
こちらは
静岡にある猫の総合博物館です。

ここでも
全国の貴重な招き猫のコレクションが見られます♪

まとめ

 
さて今回の招き猫・特集はいかがだったでしょうか?

“商売繁盛”として
広く知られている招き猫ですが
実は色々と深い意味を持っていた事に驚きでした!

今回の記事を執筆した事で
私自身、招き猫を家に飾ってみようかと思いました♪

皆さんもいかがですか~?