それでは、ネコと一緒に食べられる魚のパイを作ってみましょう。

材料です。

パイ生地:強力粉150g、バター100g、水75g、ベーキングパウダー5g、砂糖10g、卵1個

中の具:タラ300g、ホウレンソウ100g、卵2個、(ネコの好みや体質によってはチーズを入れても可)

作り方

DSC_0938
バターを電子レンジで溶かします。卵以外のパイ生地の材料(溶かしたバター含む)をホームベーカリーに入れて、メニューの「こねる」を選びます。今回は全体が問題なく混ざれば問題ありません。

生地が混ざれば別容器に移して、約1時間冷蔵庫(時間がなければ30分位フリーザーに)に入れてバターがまた固まるのを待ちます。(混ぜたてのパイ生地は柔らかいですが、バターが固まるに連れて、生地全体が固まるので問題ありません。)
DSC_0940
パイ生地を作っている間に中身の具を作っていきます。包丁でみじん切りにした白身魚とホウレンソウを炒めます。今回はタラを使いました。ホウレンソウはさほど切らなくてもすぐに縮むので問題ありません。
DSC_0941
白身魚とホウレンソウを炒めている間にゆで卵を作っておきます。
DSC_0955
ゆで卵はみじん切りにして、白身魚とホウレンソウを炒めたものと混ぜます。味付けはマヨネーズと醤油を使います。味付けは味見をしながら個人にあったもので良いですが、出来るだけ薄味にしてあげてください。
DSC_0943
冷蔵庫に入れておいたパイ生地を取り出して、具を包みます。鉄板にあらかじめ油をひいておいてください。そうすれば、取り出す際にパイがこびりつかないです。パイ生地は大きく3つに分けます。大きなものが2つと小さなものが1つです。大きなものは魚本体、小さなものは鱗などに使います。

大きな生地を一つとり、表面に小麦粉を付けます。そうするとべたつきがなくなります。鉄板の上で伸ばして、魚の形に伸ばしていきます。
DSC_0944
生地の上に具をのせて、もう一つの大きなパイ生地でカバーをかけます。この後、小さなパイ生地で鱗や目玉を作ります。作り方は簡単で、小さくちぎって乗せるだけで大丈夫です。この後、しっぽの部分に切れ目を入れます。
DSC_0946
パイ生地の上に溶き卵を塗ります。今回は頭の所はあえて塗らなかったです。こうすると、焼き色が違いが出てきます。オーブンは250~300度(もしくは一番高い温度)で20分ほど焼きますとこのような感じになります。

余った生地で小さい魚も作ってみました。大きいのがタイで、小さいのはメジロでしょうか(笑)
DSC_0947
さらに盛り付けて出来上がりです。元々中の具には火を通しているので生焼けということはありません。ネコにも分けてあげてくださいね。(具のところを中心に)
自分が思っていた通りにできました。パイ生地に関しては、基本小麦粉とバターの割合は1:1ですが、バターの量を25%減らして、その代わりベーキングパウダーと砂糖を入れることで少しパンよりのパイ生地に仕上げました。

中身の具に関しては、ネコが食べても問題ないものが入っていますが、あくまで一例です。魚でなくても構いません。むしろ肉を使った方がネコは喜ぶのかもしれませんね。ただ、味付けはネコの健康のためにも薄味にして挙げたいですね。