手作りのネコめしを作った際のメリット

ドライフードは水分が少なすぎる

DSC_0405
キャットフードに代表されるドライフードの水分量は全体の10%と言われています。ネコにもよりますが、これだと老廃物がたまりやすくなり、便秘の原因になります。一般的な食事だと水分は全体の60~80%なので、代謝をよくするという意味ではこちらの方が良いです。

体調や好みによって調節しやすい

DSC_0406
ネコの好みや体調によって自在に食べ物を調整できるのも手作りの強みです。元気な時やちょっと体調がよくない時はそれぞれ違うタイプのエサを用意するべきです。また、人間にも個人で好みがあるように、ネコにも食べ物に対して好みがあります。(納豆が好きなネコもいるから不思議なものです。)

エサの安全を自ら守ることが出来る。

DSC_0407
安全、安心なネコめしを自分自身で管理できるというのも手作りの強みです。ほとんどのキャットフードメーカーが安全、安心な食べ物の供給に尽力していると思いますが、キャットフードの袋の裏側には、私たちがわからないものがエサの中に入っていることを示唆しています。色素や保存料は本当にネコに問題ないものでしょうか。そう考えると自身で作る方がいいのかもしれません。

ネコと一緒のものが食べられる

DSC_0408
個人的にはこれが一番のメリットだと思います。ネコと同じテーブルで同じ食べ物を食べることで自分たちが「家族」だと感じることができます。ネコが食べたりなさそうであれば、自分のやつをあげればいいですからね。

ネコも毎日同じものだと飽きる

DSC_0409
ネコも毎日同じエサだと飽きます。ヤフー知恵袋などを見るとそれに伴った悩みが多いことに気が付きます。よくよく考えたら人間も同じエサばかりだと飽きますからね。

手作りのデメリットと市販キャットフードの優れている点

カロリー計算が面倒

DSC_0410
自分でネコめしを作ると、それがどれだけのカロリー、ビタミン、栄養素があるのかということを把握することが困難になります。自分自身でカロリー計算等をしなければいけません。

ネコめしを作るのにも最低限の知識が必要

DSC_0411
ネコが食べられないものを把握しておく必要があります。玉ねぎなどはもちろん、イカ、タコなど加熱が必須のものもあります。分かっておかないと、最悪ネコが命を落とすことになります。

保存に関しては間違いなく市販のものが強い

DSC_0412
猫用自動給餌器 に手作りのエサを入れておくわけにはいきません。絶対に詰まってしまいます。また、保存という意味では市販のキャットフードの方がずっと優れています。

手間がかかる

DSC_0414
兎に角、どんなネコめしを作るにしても手間がかかります。カリカリや缶詰の中身をを皿に入れてはいどうぞというわけにはいきません。毎日何を作ろうかと考えないといけません。(まあ、それが楽しいんですけどね。)

なんだかんだでキャットフードメーカーはしっかりと考えてくれている。

DSC_0416
なんだかんだで栄養素に関しては、キャットフードメーカーは考えています。サイエンスダイエットなどは獣医さんの意見を取り入れて、科学的に分析した製造法を採用しています。ネコ一般に広く受け入れられるものであることは間違いありません。
結論

ウチの母は朝はカリカリをあげて、夜ご飯は手作りのエサをあげるという方法を取っていました。まあ、どちらかを選択しなくても、どちらも長所と短所があるのでそれをうまく使えばいいということでしょうか。