ペットショップとブリーダーの違いは?

そもそも、ペットショップはどういう所?

ねこの買い方
ペットショップは、言い方は少し悪いかもしれませんが、いわゆる大型なスーパーのようなもの。

大もとのペット繁殖施設から子猫や子犬などを仕入れて販売しています。
この「仕入れて売る」という形が、実は問題視されているのです。
ペットショップでは、どのような飼育環境で繁殖、育成されたかわからないのが現状で、聞いてみても店員も知らないことが多いです。

言い換えてしまえば、粗悪な環境で飼育、繁殖された子猫、子犬が仕入れられて出回っていることも少なくないということです。
猫はどこで譲り受けるべきでしょうか…。
しかし、ペットショップでは身近に色々な動物を見ることが出来る気軽さが売りです。

また、大きくなって売れなくなった子猫、子犬のセールや、そもそもブリーダーの販売価格より安価だという理由で買っていく人も多いです。
不幸な犬や猫は増やしたくないものです。
ペットショップは、身近で手軽に見ることのできる、いわば量販店のような場所、という認識が近いかもしれません。

ブリーダーはどんな人たち?どうやって子猫を販売しているの?

大切な家族になるからこそ。
ブリーダーは、子猫や子犬を実際に繁殖させている人達のことを指します。

つまり、野菜で例えると、ペットショップはスーパーの役割、ブリーダーは農家の役割と考えるとわかりやすいですね。
つまり、猫を飼うときにブリーダーから購入するということは、実際に農家のおうちまで訪問して野菜を買うのと同じようなことだと考えるといいでしょう。
大切に育ててくれたブリーダーさんから譲り受けることと、ペットショップで購入すること、どちらが正解でしょうか。
ブリーダーから子猫を購入するときは、ブリーダーのお宅(飼育施設)に訪問、見学して実際に猫を見てみるのが一般的です。

つまり、どのような飼育環境で育っているのかがよくわかります。

(悪質なブリーダーは「パピーミル」と呼ばれ、パピーミルは粗悪な環境で飼育しているため、飼育環境を見学させてくれたりはしません。)
子猫はあなたの道具ではありませんから、飼うには覚悟も必要です。
また、ブリーダーはひとつの種類しか繁殖しないことがほとんどで、言い換えればブリーダーはその種類のプロフェッショナルということになります。

種類によって、お手入れ方法や性格、接し方、適温、なりやすい病気など様々なので、その場で相談できるのでとても安心です。

結局ペットショップ、ブリーダー、どちらから購入したほうがいいの?

結論から言えば、圧倒的にブリーダーのほうが安心です。繁殖環境が見えるということは、とても大事なことです。
ペットショップでは、粗悪な繁殖環境で生まれた子猫が並んでいても、わかりません。

つまり、まだ親から離してはいけない小さい子猫がすでに店頭に並んでいたり、きちんと体調などの検査を受けていなかったりする場合も有り得るのです。
じゃあブリーダーから購入すれば安心か、というと、そうでもない場合があります。

通販専門で子猫や子犬を販売しているブリーダーもいます。その中には、見学を申し出ても断る業者もいます。

ブリーダーは一種類のみを繁殖していることが多いと言ったとおり、基本的にはその種類を研究して、自信を持って子猫を販売しています(それに比例して価格も高いです)。

ですので、見学を断られた場合は、飼育環境に自信が無いなどの何かしらの理由があるはずなので、そこでは購入しないほうが良いでしょう。

大切な家族になる猫だから、大切に選んであげたいですね。

日本では、まだまだ「ペットは大切な家族」という認識がうすいです。

外国では、ペットがショーケースに入って売られているようなことはほとんどありません。ショーケースに入れられて沢山の人に見られることは、子猫や子犬の大きなストレスになりますからね!
大切な家族になる猫だからこそ、よりきちんとした環境で、大切に育てられた子をお迎えしたいものです。

みんながそんなふうにできたら、粗悪な繁殖業者も少なくなるのではないでしょうか…?
みんなで幸せになるために、考えるべきことがありそうです。