ネコが食べてはいけないもの一覧

ネギ類

一般的に知られているものですが、玉ねぎ・青ネギ・にんにく、などのネギ系の食べ物はネコの血の中に含まれる赤血球を破壊する効果を持っています。赤血球が破壊されると、酸素が体中に回らないため、貧血のような症状を引き起こします。また、嘔吐や下痢といった症状も引き起こします。色々な食べ物に隠れて入っているので、ネコに与える前にネギ類が入っていないことを確認することが必要です。

チョコレート類

チョコレートに含まれているカフェイン、カカオが下痢・嘔吐・多尿などの原因になります。また、大量に摂取させると、中枢機能を刺激し急性心不全な亡くなるケースもあります。

生の魚介類(タコ、イカ、エビ)

消化不良の原因になります。また、体内にあるビタミンB1を分解する作用があるチアミナーゼという物質を持っているため、それが欠乏して脳神経系に異常を起こします。食欲低下、嘔吐、痙攣などの症状をおこします。しかし、加熱すればチアミナーゼはなくなるので問題ありません。

乳製品

案外ネコに一般的に挙げられているものですが、牛乳に含まれている乳糖を分解するラクターゼと言われる酵素が、仔猫は十分持っていないので下痢の原因になります。

魚や鶏肉の骨

鋭く、また硬くて消化しにくいものなので、最悪ネコの喉を詰まらせたり、消化器官に穴をあけたりすることがあります。

貝類

貝から出る毒素が、ネコの皮膚に悪影響を及ぼします。特にアワビはその毒が強く、光線過敏症を引き起こします。通常ネコは毛で自身を光線から守っていますが、耳などの毛が少ない部分は毛が少ないため、激しいかゆみを発生させます。最悪、ネコが自身の耳をかきむしり、症状を悪化させます。

生卵

生卵中(白身の中)にあるアジビンという物質がビタミンのバランスを崩し、下痢の原因となります。しかし、加熱して与えれば問題ありません。卵は安価な蛋白源ですし、メチオニンという尿を酸性化させるネコにとってはプラスの要素もあります。

香辛料(コショウ、ワサビなど)

本来、ネコが必要とするものではありません。胃や腸を刺激させ体全体に悪影響を及ぼし、胃腸炎などの原因になります。

その他

人間が摂取しすぎたり、摂取してはいけないものもネコには毒になります。塩分、糖分の取りすぎはいけませんし、ブタ肉を生で与えることもダメです。また、セルロースを分解することはできないので、大量に野菜やキノコ類を食べさせることもネコには負担になります(少量なら問題ない、むしろ繊維質取得のために野菜は与えるべき)