薬膳スープカレーの店「Shania シャナイア」

恵比寿にある薬膳スープカレーの店「Shania シャナイア」。激うま絶品のスープカレーが食べられる隠れ家レストランとして、知る人ぞ知るお店です。

お店のご主人、田部井さんは学生時代に食べたスープカレーの美味しさが忘れられず、スープカレーを極めるために、約4年半フレンチを学んだ後、独立!最初は奥様と2人で車での移動販売からはじめ、2012年12月にお店をオープンしました。移動販売も昼間だけ続けていましたが、クチコミが人気でお店の方が忙しくなったため、現在は固定店舗一本での営業になっています。

恵比寿の路地裏にひっそりと佇む「シャナイア」は、まさに隠れ家そのものです。
薬膳スープカレーの店「Shania 」

入り口の上にある巨大な猫のオブジェが目印です!

薬膳スープカレー

「シャナイア」のスープカレーは、鶏がらをメインに、野菜・魚介を使い、さらにナツメ、紅花、クコなどの生薬を加えた薬膳スープ。そこにオリジナル調合のスパイス、さらにドライバジルをアクセントにした香り豊かな贅沢なスープです。
血行をよくするスパイスの配合なので、冷え性の方に特におすすめだそうです。

これからの季節、女性には嬉しいかも・・。手足の先まで温まりますよ。

薬膳スープカレー

猫のあじと

「シャナイア」は、元々は日本画家の船水徳雄さんという方のギャラリースペース「猫のあじと」という場所だったそうです。船水徳雄さんは大の猫好きで有名な画家さん。

現在はギャラリーレストランという形になり、店内には猫の絵画なども複数展示されているので、待ち時間やスープカレーを味わいながらゆっくりと見ることができます。

お店の外にもたくさんの猫のオブジェが・・・そこらじゅうに猫がいっぱい。キョロキョロが止まらない!
船水徳雄さんの娘さんの朝子さんと旦那さんの田部井淳さんがこのギャラリーを改装してできたお店が「シャナイア」です。
ギャラリー「猫のあじと」にはオーナーのお父様の描いた猫の絵画がたくさん飾ってあります

お店の前の巨大看板猫もお父様の作品だそうです。

何が何でも猫を採用

猫好きのオーナーはとにかく猫。猫。猫。

テーブル上の呼び出しボタンやスパイスの入ったポット。なんと猫の肉球や顔をあしらったものになっています。

スパイスのポットは「スパイシーキャット」。ピリリと辛いスパイスが入っています。

スープカレーを食べるのが初めてという方に向けての食べ方案内シートも、猫が教えてくれるイラストになっています。
つい何回も押したり開けたりしたくなってしまいますよ。(笑)
スパイシーキャット

中には辛ーいスパイスが入っています。
猫に誘われ入れすぎないようにご注意を・・!
食べ方を教えてくれるランチョンマットも猫!

おすすめは「たっぷり野菜と熟成チキンのスープカレー」

秘伝の黒酒を使い旨味を熟成させた骨付きチキンレッグに、丁寧に仕込んだ野菜がたっぷりと入った栄養満点の一品。
柔らかいチキンレッグ丸ごと1本に
野菜が丸っとごろごろ!
辛さは選べますよー!

薬膳スープカレーShaniaは住宅地の真ん中に

恵比寿駅からガーデンプレイス脇を線路沿いに抜け、道なりに進みながら、左曲がりの下り坂を曲がり切って20メートルくらいで右を向くと、案内の看板があります。この看板の地図がなければたどりつかないような住宅街の中。お店の前には大きな猫。これが目印です。
この看板が目印!
看板の奥をずずずーっと進むと住宅地の奥にお店があります。

薬膳スープカレーShania 詳細

住所 東京都目黒区三田1-5-5 猫のあじと
電話 03-3442-3962
営業時間 
[平日]18:00~21:30(L.O.21:00)
[土日]11:30~21:30(L.O.21:00)
月曜日休み 土曜営業・日曜営業・子供歓迎
これからの季節、寒くて冷え切った体もスープカレーを食べればほっこり温まります。
おまけに猫。猫。猫。猫に囲まれ気持ちもほっこり。猫好きさんなら是非一度行ってみてくださいね。