江の島とは?

江の島(えのしま)は神奈川県藤沢市にあります。
海水浴で有名な湘南海岸から相模湾に突き出た陸繋島で、
都心からもっとも近い猫島として人気です。
江の島は小田急小田原線「片瀬江ノ島」駅から徒歩15分ほどのところにあります。
片瀬江ノ島駅までは小田急線やロマンスカー直通もあり、新宿駅からロマンスカー
なら約60分ほどで到着出来ます。

付近にはドラマで有名になった「江の電」も走っているので、鎌倉散策した後に
訪れる人もいるようです。

水族館もあるので、ちょっとした日帰り旅行にはちょうど良いかもしれません。

なぜ猫島と呼ばれるようになったのか?

30年以上前から、江の島に猫を捨てていく人が増えてしまい、
観光客や地元の人が野良猫にエサを与えるようになったのが
キッカケのようです。

ウィキペディアに下記のような記載がありました。
1980年代頃から江の島では捨て猫が急増し、現在では至る所で多数の野良猫を見かけるようになった。猫好きな観光客や釣り人がエサを与えるなどしたため、ほとんどの猫は人を恐れない。島内の至る所で猫が無防備な姿でいるため、猫好きの人間もよく訪れる。
一部でこれらの野良猫を観光資源ととらえて新たな江の島名物とする動きがある。餌場を作り猫に餌を与えたりする一方で、野良猫に避妊手術を行うための募金活動を行ったり、全島に犬・猫を捨てないよう訴える看板を掲示するなど、これ以上野良猫が増えないような対策も並行的に進められている。いわば島民一体になって野良猫の地域猫化を進めていると言えよう。

出典:ja.wikipedia.org

地域猫化

島民一体となって、野良猫を地域猫にする動きがあるんですね。

ここからは、そんな江の島でのんびりと暮らしている猫ちゃん達をご紹介します!

江の島の猫ちゃんたち

兄弟でしょうか?柄が似ていますね。
いたるところに猫ちゃんが。
仲良く並んで。
幸せそうです。
無防備です。
こちらも無防備。
島内の見張りもしています。
こちらは島内パトロール中。
おんなじポーズで。

どの猫ちゃんも野良猫とは思えないくらい、
おだやかでのんびり暮らしているようです。

では最後に、観光地としての江の島をご紹介します!


江の島の風景

片瀬江ノ島駅から江の島に続く弁天橋。
江の島の玄関口。鳥居が出迎えてくれます。
民宿や釣り具屋さんが並ぶ、旧市街地。
レトロな感じのお食事処がたくさんあります。
島内には江島神社という神社も。
ドラマで有名になった江の電。
江の島名物?エスカー。
島内の急な階段をエスカレーターで移動出来ます。
江の島岩屋という、海水の浸食によって出来た洞窟も見学出来ます。

いかがでしたか?

片瀬江の島駅から江の島に向かう時に渡る国道134号沿いには
いま話題のパンケーキ屋さんやサンドイッチ屋さんも出店しており、
新しいモノと古き良きものが混在している地域です。

是非、江の島の猫ちゃんたちに会いに行ってみてください!